格安航空券を購入するなら平日のほうがいい

- 格安航空券を購入するなら平日のほうがいい

格安航空券を購入するなら平日のほうがいい

国内の格安航空券については閑散期には多く出回りますが、繁忙期にはほとんど出回らないという傾向があります。同じ閑散期であっても、曜日によって実は値段が異なるということをご存知でしょうか。今まで曜日について気にしたことがないかもしれなかったかもしれませんが、これからは同じ閑散期であっても曜日に気にしながら購入をすると全然値段が異なってくることが分かるのではないでしょうか。

土日祝日に予約をすると高くなる

同じ就航便であっても曜日によって値段が異なることがあります。特に土日祝日に予約を入れるというのは止めておいたほうがいいでしょう。忙しい人にとってはどうしても休みの日に予約を入れがちですが、それは多くの人がそのように思うものですので、残念ながら平日に比べて高くなります。平日に比べて土日祝日は7%以上も高くなるということがあるほどです。

なぜ土日祝日に値段が上がってしまうのかというと、単純に飛行機に乗るための需要が高いからです。需要が高いからこそ安いチケットが出たとしてもすぐに売り切れてしまうということがあり得ます。土日祝日にしか利用ができないという人を除いては、平日であっても十分に利用ができるのであれば、平日に利用をした方がまだ安くて済みます。

平日でも月曜から木曜が安い

石垣島の上空写真

閑散期であれば、祝日を除いて月曜日から木曜日であればやはり安いという傾向があります。平日は出張客は多いですが、観光客ともなるとそれほど多くありませんので、相対的に安くなっています。曜日別の傾向ということで言うと航空会社ごとにそれほど違いがあるというわけではありません。平日と土日祝日とでは相当違いがありますので、そこのところだけは注意しておきましょう。

祝日を除いて金曜日の午前中であれば月曜日から木曜日の傾向と同様に安いです。しかし、金曜日の夕方から夜にかけては平日に比べると多少高めに設定されています。週末に向けて早めに動きだしたいですし、土日に向けて早めに出発しようというニーズがあるために、多少料金が高い傾向にあります。上手い具合に平日をうまく使うことができれば安く移動をすることができるのではないでしょうか。

曜日の配列をうまく利用して格安に移動する

国内においては曜日の配列をうまく利用しながら格安航空券を利用するといいのではないでしょうか。繁忙期はどの曜日も高いですが、閑散期は曜日によって大きく違いが見られます。土日祝日よりは平日のほうが安く移動ができます。