繁忙期に格安航空券を購入するというのは難しい

- 繁忙期に格安航空券を購入するというのは難しい

繁忙期に格安航空券を購入するというのは難しい

国内における繁忙期というのはどうしてもこの時期でしか旅行ができないという人も多いのではないでしょうか。だからこそ、格安航空券で旅行がしたいという風に思うわけですが、実際のところはそういうわけにもいかないというのがほとんどではないでしょうか。繁忙期における格安航空券の事情について解説していきます。

正直言って安く販売する必要はない

航空券というのは閑散期になると安く、繁忙期になると高いというのが一般的です。繁忙期とは年末年始やGW、夏休みなど航空需要が多くなる時期のことです。そもそもの話、わざわざ料金を安くしなくても完売することができるというわけです。いわば、供給量に比べてはるかに需要量が多いために、高くなったとしてもそれなりに買ってくれる人がいると言ってもいいでしょう。

繁忙期は航空会社としても一番忙しくて人件費が多くなりますので、料金を下げてしまうと利益を上げることができなくなるために、必然的に高くなるという側面があります。格安で提供する必要性が一切ないために、そういうチケットがほとんどと言ってもいいほど出回らないとも言えます。

情報戦に勝ち抜く必要がある

繁忙期で安いチケットを手に入れるともなると、相当厳しい競争に勝ち抜かなければいけないです。それぐらい繁忙期に格安のものは出回らないと言ってもいいほどです。だからと言って、販売されていないというわけでもありませんので、それを手に入れるともなると情報をつかんで早く手に入れるしかありません。

そうは言っても、閑散期と同じように格安になっているのかというと、そういうわけではなく、正規の普通運賃と同じというパターンが多いでしょう。実際にそんなに安くなっていないということなのです。もしかすると、正規の普通運賃のほうが安くなっているというケースすらあるほどです。

早く予約をしないといけない

安さにこだわっていたのではもしかするとチケットすら取れなくなるのが繁忙期です。安さにこだわるよりはチケットを押さえるのに集中をしたほうがいい時期だということが言えます。早くチケットを押さえないと飛行機に乗ることすらできないという可能性がありますので、いち早く予約をするというのがベストです。

繁忙期はいち早く航空券を確保することを優先するべき

国内における繁忙期というのは一斉に航空需要が高まる時期でありますので、格安航空券を利用して飛行機に乗るということはできにくいです。そうであれば、いち早く予約を取るということに注力したほうがいいでしょう。